記事一覧

都会で着る「ビーチウェア」プラダ・ミュウミュウなど人気ブランドから学ぶコーディネート術

ビーチウェアが海辺を飛び出しシティへ!?陽気なサマーシーズンが到来。バルトロライトジャケット 偽物新しいスイムウェアを手に取り、ビーチへ向かう人も少なくないだろう。しかし、スイムウェアの活躍の場は海だけじゃない。シティでももちろん可愛くコーディネートができる。2022年春夏シーズンは、人気ブランドから新しいスイムウェアがたくさん揃った。ビキニやワンピース水着、さらにはウェットスーツまで、ポップなタウンウェアへと進化しているので、まとめて紹介する。ビキニ編プラダ 2022年春夏コレクション新しいエレガンスの追求をテーマにした「プラダ(PRADA)」のビキニは、トップは胸下まで覆うように、ボトムスはハイウエストにして、露出は控えめ。エメラルドグリーンやブラウンで幾何学模様を描きレトロなムードをプラスした。コーディネートは、ラバーベルトや毛足の長いファーストールと共に。アクセサリーをミックスさせれば都会的な着こなしになることも勉強になる。3.1 フィリップ リム 2022年春夏コレクション同じくビキニを選んだ、3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)は花模様のブラトップをセレクト。同じ色柄のホットパンツやミニスカートを合わせて、進化させたビキニスタイルを提案している。ノースリーブコートやスカジャンといったアウターと合わせるのは、上級者ならではのテクニック。ウェットスーツ編アレキサンダー ワン 23年春夏コレクションスポーツウェアから派生したストリートスタイルを得意とする、アレキサンダー ワン(Alexander Wang)。この春夏は、サーフカルチャーにフィーチャーした。膝下丈のブラックドレスはまさにウェットスーツそのもの。ライトブルーで、ショルダーやウエストラインにステッチを施しスポーツライクに。上半身のフィット感がサーフシーンを想起させるが、フレアなスカートラインと、バックパックやスニーカーのミックスがモダンスタイルへとつなげた。ワンピース水着編エミリオ・プッチ 2022年春夏コレクションブランドのアイデンティティ・ジャージに特化した、エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)からはカラフルなワンピース水着が到着。伸縮性のある素材を活かし、スリムフィットのオールインワンを完成させた。

【セリーヌ】アーティストプリント フリースフーディ 激安 2Y641427Q38AW

【セリーヌ】アーティストプリント フリースフーディ 激安 2Y641427Q38AW

メンズファッション » トップス » パーカー・フーディ

●詳細

コットン 100%

全面に「BRAIN ON 2020」エイミー・ドリアン コラボレーション プリント

オーバーサイズフィット

フード付きクルーネック、セリーヌ PARIS刻印入りストッパーと調節可能なストリング

ドロップショルダー

ウエストバンド、袖口 リブ仕上げ

カンガルーポーチ X 1

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー